兵庫国際ジュニアテニストーナメントに出場するには

兵庫国際ジュニアに出場するには

兵庫国際ジュニアトーナメント1・2に出場するには

まず、兵庫国際ジュニアトーナメント1・2とは・・・・・。

この大会は、ITF(国際テニス連盟)が公認した大会です。ここで試合に勝ちポイント(国際ポイント)を取得することができれば、全世界のジュニアテニスサーキットに参加しやすくなります。そこで、たくさんのポイントを取得することによりウィンブルドンジュニア等メジャーな大会に出場することが出来ます。

このポイントを取ることが出来る大会は、日本国内では6つあります。

スーパージュニア(大阪)グレードA

ジャパンオープンジュニア(名古屋)グレード2

埼玉国際ジュニア(埼玉)グレード4

兵庫国際ジュニアトーナメント1・2 グレード4

山梨国際ジュニア(山梨) グレード5

高いグレードに出るためには、ポイントを多く持っていないと出場できません。

兵庫国際ジュニアトーナメント1・2は、低いグレードの大会となっていますが、ここでポイントを取得してもらい次のグレードにチャレンジしてもらう登竜門です。

この大会に出場して初めて国際ポイントを取得してそれをきっかけに国内外の試合に出て現在日本代表となっている選手もたくさん出てきました。

次へのステップとなる大会です。

 

出場するには・・・・・・・。

1、ITFのサイトよりIPIN(選手登録)を取得する。http://www.itftennis.com/juniors/

2、IPINを取得した後、自分のページから大会をエントリーする。

3、エントリー締め切り後ITFのサイトのエントリーリストを確認する。

Main Drawに名前があれば本戦から出場

Qualifyingに名前があれば予選から出場

Alternatesに名前があれば補欠です。

例年数十人のwithdraw(欠場)が出ますので、サイトをよく確認してください。

年に数人サイトを確認せず、出場が決まっているのにサインに来ない選手がいます。その場合サスペンションポイントを取られますので注意してください。

予選・本戦共出場が決まっている人は試合前日のサインに会場へ来る必要があります。サインに来ない場合は、出場できません。サインの日に他の大会でこれない場合でもITFが認めた国際大会でない試合が理由であれば、出場出来ません。

エントリーリストの順位は国際ポイントによって決定されます。ノーランキング者は平等にくじで順位が決定されます。

4、補欠の場合でも予選前日のサインに来れば、欠場者及びサインに来ない選手がいた場合出場の可能性があります。当日の欠場のLL(ラッキールーザー)もあります。

 

その他

WC(ワイルドカード・・主催者推薦)を取得

1、各地域で開催されているWC選手権に出場する。

この大会では、本戦及び予選のWC取得するための大会を全国数箇所で行っています。その大会に出場して優勝した場合、大会ディレクターからWCをもらうことができます。

その大会は兵庫国際ジュニアトーナメント1・2サイトをチェックしてください。

2、ディレクターより主催者推薦でWCを選手に渡す。(選考があります)

 

兵庫国際ジュニアトーナメント1・2大会ディレクター

京田 弘幸